NEWS

  • 2018.12.06
    ▷Music Video“DAWN”公開
  • 2018.12.04
    ▷『Burden』ストア特典
  • 2018.11.25
    ▷バズリズム
  • 2018.11.12
    New mini album “Burden”のジャケットを公開!
  • 2018.11.12
    アウトストア “チケットフリー” ワンマンツアーが決定!
  • 2018.10.12
    2018/12/5 2nd mini Album release 決定!
  • 2018.09.02
    9/16 “少年がミルク”とのチケットフリー 2マン決定!
  • 2018.09.02
    コドモメンタルinc.所属決定!!
  • 2018.03.18
    街の灯を数えるMV公開
  • 2017.08.14
    10/26自主企画イベント開催!

NEXT LIVE

モクメノキ×O-Crest pre. 『青春の成れの果て』リリースツアーファイナル

2019/1/25

TSUTAYA O-Crest

act

  • モクメノキ
  • OLD BROWN OWL
  • SEKIRARA
  • Radicalism
  • été

open: 17:30 / start: 18:00

Ticket ¥2,300(+1drink)

MOVIE

- LIVE -

モクメノキ×O-Crest pre. 『青春の成れの果て』リリースツアーファイナル

2019/1/25

TSUTAYA O-Crest

act

  • モクメノキ
  • OLD BROWN OWL
  • SEKIRARA
  • Radicalism
  • été

open: 17:30 / start: 18:00

Ticket ¥2,300(+1drink)

2019/1/29

下北沢DaisyBar

act

  • WONDER BANANA SURF
  • リュックと添い寝ごはん
  • クジラ夜の街
  • 尾崎リノ
  • été

open: 18:30 / start: 19:00

adv: ¥2,000 / ※高校生以下学割¥1,000(要学生証提示)

HOT STUFF pre.『Ruby Tuesday34』

2019/02/05

新代田FEVER

act

  • ニアフレンズ
  • Plot Scraps
  • tonetone
  • été

open: 18:30 / start: 19:00

adv: ¥1,000

『旬は巡る。』

2019/02/24

下北沢MOSAiC/近松/WAVER/mona records

act

    旬は巡る。第4弾解禁

open: 13:00 / start: 13:30

adv: ¥2,400 / door: ¥2,900 (+1drink)

- MUSIC -

été 2nd mini Album「Burden」

2018.12.5 Release ¥1,500(Tax in)
  • Track01. DAWN
  • Track02. ドルシネア
  • Track03. 眠れる街の中で
  • Track04. デッドエンド
  • Track05. Burden
  • Track06. It
  • Track07. close.

I am

2018.03.31 Release ¥1,000(Tax in)
  • Track01. I am
  • Track02. 街の 灯を数える
  • Track03. mourn

朝を待つ

2017.03.15 Release ¥1,500(Tax in)
  • Track01. ハイライト
  • Track02. 問うて、無
  • Track03. エンドロール
  • Track04. 灯
  • Track05. 眠れる街の中で

city

2017.06.08 Release ¥300(Tax in)
  • Track01. season
  • Track02. cream soda song

escape

2016.08.17 Release ¥500(Tax in)
  • Track01. その先へ
  • Track02. Nih
試聴する

CDやグッズの購入はこちらからどうぞ。

- BIOGRAPHY -

ヤマダナオト / オキタユウキ / 小室響

東京都在住の3ピース
オルタナティブロックバンド。
日本語ギターロックを軸にポストロック、激情ハードコア等のアプローチを見せるサウンドに、
Vo.オキタの甘くも鋭い歌声。自身を取り囲む様々をどこか冷静に見据えた
叙情的な詩が聴く人の心を掴む。

「伝えたいのは、日々のこと」

- CONTACT -